• その他

    凹凸を楽しむ 大阪「高低差」地形散歩-新之介 -書評

    内容 「大阪高低差学会」の創立者である著者が写真と地図をふんだんに使って、大阪各地の歴史を地形から読み解いていく内容となっている。二部構成となっており、第一部では大阪全体の地形についての紹介、第二部ではもう少し細かくして

    Read more →

    世にも奇妙なマラソン大会-高野秀行-書評

    内容 本書の著者は辺境について書くノンフィクション作家として有名である。著者の特徴は自身で辺境に赴き実体験を元に書くという所にある。本書ではそんな著者の三つの体験記である「世にも奇妙なマラソン大会」、「ブルガリアの岩と薔

    Read more →

    打ちのめされるようなすごい本 -米原万里-書評

    内容 著者は一流通訳として有名な人物。本書は二部構成になっており、第一部は1995年から2005年まで、著者が卵巣癌で亡くなるまでの10年間に週刊文春で連載されていた「読書日記」、第二部は同期間の著者による全書評を集めた

    Read more →

    米原万里の「愛の法則」-米原万里-書評

    内容 本書の著者はロシア語の一流通訳として著名な人物。また、通訳だけでなく、作家としても活躍していた。本書はそんな著者が行った4本の講演、「愛の法則」、「国際化とグローバリゼーションのあいだ」、「理解と誤解のあいだ」、「

    Read more →

    読書は「アウトプット」が99%-藤井 孝一-書評

    内容 ただ本を読むだけではなく、読んだ後にアウトプットをする。それだけで、本を読んだことによるリターンが10倍にも20倍にもなる。本書ではアウトプットについて、「話す」、「書く」、「行動する」の三つに分けてその方法につい

    Read more →